オンラインカジノは日本でも合法になる可能性はかなり高いと考えても良いかも知れません。方向性としてカジノが合法になれば、オンラインでのカジノが違法であり続ける事の方が難しいと考えるのが自然です。既に日本はギャンブル禁止の国では無いというのは、世界的に見ても常識とも言われている所です。駅前にあれだけパチンコ屋が並んでいるのを見て、外国人がびっくりするぐらいですから、その状況下でギャンブル禁止の国というのは無理がありすぎます。

競馬も毎週のように行われていて、テレビでは堂々と配当金の表示が出てくるわけですから、これがギャンブル禁止の国とは到底思われないでしょう。既に日本はギャンブル大国だといって良いぐらいの国なのです。それが証拠にパチンコはあのラスベガス以上の売り上げ額になっていて、世界に誇るラスベガス以上の利益を出しているというわけですから、これが如何に凄い状況なのかという事が分かります。

既にその仕組みは社会の中に深く入り込んでいるので、これからギャンブルが禁止されていくという方向性にはまずならないと考えるのが自然でしょう。今回もカジノ法案が国会で議論されましたが、カジノによる依存症などの指摘が出る度に既にパチンコによる依存症を放置しているという現状があるので、まずそのような意見がまともに考慮されることはありません。

オンラインでギャンブルが出来る用になるという日もかなり近くなっているというように言っても良いかも知れません。既にこれだけギャンブルを容認してしまうと、ギャンブルを禁止しているという意味自体が無くなってしまっているという事が分かります。であれば解禁にして経済的な利益を優先させた方が良いという事になるでしょう。