ランディングページは、特定の商品を売るためのサイトです。そのため、様々な工夫を取り入れて作成します。大まかな特徴としては、ページが1枚にまとまっているという特長があります。1枚にまとめることで、リンクをクリックしない人にもすべての情報を見てもらうことができるため、売上アップにつながります。また、出口をふさいでおけば、閲覧者は見るか見ないかの二択になるので、ランディングページの文章等で引き付けることができれば、十分成果につなげることが可能となります。
そして、目立つ作りになっていることも特徴です。視覚的にわかりやすい大きなフォントや写真を多用します。これは、文字ばかりでは読むのが面倒になってしまいますが、視覚的な情報を多用すればスムーズに読み進めることができるからです。申し込みボタンなども、派手に大きく目立つようにしています。あとは、価格表示やキャンペーンの情報についても、今購入しなければ損だと思ってもらうために、目立つようにしています。

ランディングページの工夫としてはほかに、流れが一定になっていて、読み進めてもらえるようになっていることが挙げられます。縦に長いページですから、スクロールをして読み進めてもらうためには、始めのつかみは重要です。そこで、最初にきっかけを与えます。よくある手法としては、悩みから入るパターンや、利用したことで得られる結果から入るパターンなどがあります。前者では、ターゲットが持ちやすい悩みを提示することで、その悩みを感じている人に興味を示してもらうことができます。後者では、結果が魅力的な物であれば、どんなものだろうかと読み進めてもらうことが可能です。

ランディングページはスマホ版も一緒に作成するのがおすすめです。その理由は、最近はスマホでホームページを検索したり閲覧したりする人が多いからです。パソコン向けの画面表示もスマートフォンで行うことはできますが、スマホの画面は小さいので、それでは読みづらく、スマホから閲覧している人に直帰されてしまう可能性が生じます。その点、スマホ版を用意しておけば、スマホから閲覧した人でも苦痛なく読み進めることができる構成になりますから、そういった層を取り込むことができます。業種やサービスなどによって、協調するべきことや示すべき根拠は異なってきますが、大体はこういった形でランディングページは作られ、閲覧者を引き込む工夫がなされています。