ネット通販で商品を購入する人は多いです。しかし、車のように高価なものを通販で購入する人はいません。実際に商品を見て、試乗をして、納得した上で高い商品を購入するのです。

リスティング広告からランディングページに誘導する多くの業者は、商品の購入ができるコンテンツを用意していますが、車の場合には、コンテンツが全く異なります。大手のカーメーカーは、全国各地に店舗を有しています。ランディングページで、すぐに購入してもらうのではなく、購入できる店舗などを紹介することや、購入の際に提供できるサービス内容などをアピールするのです。全国のディーラーで対応できる金利優遇のサービスや、ディーラーオプションを無料で提供するなどの内容にします。そして、購入を促すために、会員登録などをしてもらい、メールマガジンで常に情報を発信することや、登録した消費者に対して、ダイレクトメールなどを送る対応をするのです。

単なる広告だと考える人もいますが、ランディングページは、売上を向上させるためのコンテンツを、1枚に凝縮させていますので、自社の車の購入を考えている人にとっては、必要な内容だけを確認できるページなのです。言い換えますと、安価な商品ならば、即決でランディングページ内で注文をしてもらえるような構成にしますが、車の場合は、購入意欲を高める、購入を検討している消費者を把握することに力を置いているのです。

実績ナンバーワンのLP制作会社のランディングページを見ますと、デザインにこだわり、消費者に訴求したいことを網羅しています。見れば見るほど、魅力を感じさせるようなページ構成にしています。高い商品ほど、消費者は購入前に、さまざまな情報を得ようとします。そういう意味で、車のランディングページは、情報を凝縮しており、買いたいと思うのです。

コンバージョン率といい、ランディングページやリスティング広告から、実際に購入に至ったというデータをとることは難しいですが、比較的安い費用で、商品をアピールできるのですから、新商品が発売される都度、リスティング広告を利用します。また、テレビやラジオ、新聞の折り込みチラシなども活用します。潤沢な資金があるので、できる技ですが、マスメディアを利用しても、そもそもコマーシャルをリアルタイムで見る人は少ないので、購入意欲のある消費者に、ピンポイントの情報を伝えるために、ランディングページは最も有効な広告方法だと言えます。