ホームページやECサイトなどの、オンライン媒体での商品やサービスを販売は、実店舗が必要ないので、大きな経費の削減になります。また、ECサイトの中には、維持手数料が必要ないものもあり、定期的にお金を支払う必要も、なくなってきています。日用品や生活雑貨をオンラインで販売する時には、あまり詳しい商品説明は必要ありません。しかし、書籍やコンサルティング、カウンセリングなど、実際に購入しないと内容が分からないものを販売するときには、適切な商品説明が必要になります。また、オンラインで商品を販売する際に必要な説明は、エッセイや論文のような文章ではなく、セールスコピーと呼ばれるものです。また、適切に商品やサービスの魅力を伝えながら、お客さんが買いたいと思うような、ランディングページを保有することも、効果的な販売には必要になります。

ランディングページには、いくつかの機能があります。まず、商品やサービスをお客さんに紹介し、買ってもらうことです。ランディングページに必要な、セールスコピーを書く技術は、コピーライティングと呼ばれています。この、コピーライティングによって、商品やサービスが、お客さんの悩みを解決するものだと知ってもらい、購入を促すことが、ランディングページの一番重要な機能です。また、ランディングページがあるということだけで、知名度が上昇します。実際に紹介している製品が売れなくても、別の商品が売れることもあります。ビジネス活動をしているということを知ってもらい、お客さんからの問い合わせを得ることも、ランディングページの大きな役割です。

ランディングページを作るなら、適切なキャッチコピーが必要です。キャッチコピーは非常に重要なもので、キャッチコピーの良し悪しで売り上げが決定するほどです。また、ランディングページから、十分な販売ができていない場合には、キャッチコピーを変えることが、一番効果的な時もあります。的確なキャッチコピーを作る際にも、セールスコピーと同じように、コピーライティングの技術と知識が必要になります。コピーライティングを学習する時には、顧客心理の理解しながら、商品やサービスの魅力がお客さんに伝わる文章を、学んでいきます。どのようなランディングページを作る際にも、キャッチコピーは非常に重要です。コピーライティングができる人材がいると、オンラインからの販売量は、大きく上昇します。