ウェブマーケティングを行う場合、ホームページやブログだけで行うことが難しくなっています。ブログやホームページだけで全てを伝えようとしてもなかなかうまくいくものではありません。そこで利用するのがランディングページです。ランディングページはクロージングをするのと同じで、お客さんの購買欲を高めるために存在しています。商品を売却する場合でも、サービスを利用してもらう場合でもランディングページがある場合とない場合とではお客さんの人数が異なるでしょう。
通常ランディングページは、ホームページやブログとリンクされています。よくブログの下のほうに一言コピーが書かれており、そこがクリックできるようになっている場合があるでしょう。そこをクリックするとランディングページにつながるようになっています。そのランディングページを読むことで、サービスや商品の詳しい説明が書いてあります。最近は、画像クリックすることでランディングページにつながるような仕組みになっている場合もあります。
このように、ランディングページの内容が重要になる事は言うまでもありませんが、それを生かすためにはホームページのブログの内容がしっかりしていなければなりません。つまり、第一段階としてブログやホームページを読んだ人がリンクをクリックするところまで持っていく必要があります。ブログやホームページの内容をしっかりと精査し、魅力的なものにすることが重要ですので、しっかりとその分野についての知識を持っていなければなりません。もう一つ重要になるのがキーワードです。例えば、健康食品を販売する場合であれば、何らかの健康食品に関するページを作ることになるでしょう。例えば、プラセンタに関する健康食品を販売したい場合は、プラセンタの内容を記事にしていきます。このときのキーワードはプラセンタになりますが、プラセンタだけをキーワードにしてしまうと上位表示されるのが非常に難しいです。そこで、キーワードとしてプラセンタに関係するキーワードを利用することで上位表示させることができます。例えば、プラセンタにも様々な種類がありますが、ドリンクでプラセンタを吸収する商品を販売する場合は、ドリンクとプラセンタの両方をキーワードに入れると、上位表示しやすくなりアクセスが増えるでしょう。このように、ウェブマーケティングをする場合、ユーザーを意識したランディングページを作る事とホームページやブログを作る事の両方が大事になります。