自分の会社が提供する商品や、サービスに注目をしてもらうために、ランディングページがアクセスされる数を多くするにはソーシャルメディアを上手く活用する必要があります。
ランディングページをたくさんの人にアピールするのにソーシャルメディアは、最も適しているツールになります。
販売促進の対象となる商品や、サービスと関連性が高いソーシャル・ネットワーキング・サービスのチャネルに、閲覧している人の目を惹きつけるようなメッセージや、画像を投稿して、ランディングページのリンクラベルを貼り付けておくのが良い方法の1つとなります。
直接電子メールで見込み客にアプローチするという方法も、ランディングページのアクセス数を増やすために良い方法の1つとなります。
ランディングページを開設、または更新して公開するタイミングとなるべく同時になるように電子メールを利用したキャンペーンを早めに実施するのがおすすめです。
電子メールを利用したキャンペーンを実施するのにあたっては、件名だけでなく、ヘッダーや、デザイン、レイアウトなど注意する必要があるポイントがたくさんあります。
しかし、これらの注意点に、きちんと対処することができれば、ランディングページへのアクセス数が大幅に増えることが期待できます。
ソーシャルメディアや、電子メールを利用してランディングページをアピールする方法は、お金をほとんどかけないで行うことができる手段になりますが、オンライン広告を有料で活用するという手段もあります。
リスティング広告は、特定のキーワードを大手の検索エンジンを利用して検索をしたときに、検索結果が表示される画面の端の方に表示される広告になります。
SNS広告は、閲覧することが予測される客層に応じて広告を表示させる方法を細かく設定することができるようになっています。
SNS広告は、スマートフォンと良い相性であることもメリットとなります。
DSP広告は、自分が運営するホームページや、ブログの中に広告を設けるスペースを用意している管理者に対してバナー広告を投稿するというものになります。
キャンペーンを行う目的に応じて、広告を1件だけ使う場合もあれば、オンライン広告を幾つか用意してキャンペーンに使うこともありますが、どちらの場合でも、キャンペーンを実施している最中は、データを詳細に分析して、キャンペーンに対する反響をチェックしておく必要があります。