近頃は人材不足なため、求人サイトに広告を掲載しても、たくさんの会社の求人広告に埋もれてしまい応募する人が全然集まらなかったり、専用の求人サイトを作成しても、なかなか期待するほどの人数の応募者が現れなかったりといった問題を抱えている会社は少なくありません。

対象となる商品や、サービスに限定されず、ニーズが高いターゲット層の見込み客に絞り込みアプローチすることができ、ページを複雑に遷移させないランディングページは、採用活動として優れた人材を募集する目的でも効果が期待できるツールとなります。そして、近頃の求職者は求人情報をスマートフォンで探すことも増えてきていることから、スマートフォンの小さな画面では特に、ページの構造が複雑なウェブサイトよりも、ページが1つで完結しているランディングページの方が適しているということができます。ですので、ランディングページを作成する上では、求職者が移動中などでもスマートフォンを使って求人情報を検索して探していることを想定しておく必要があります。そういった状況の中では、求職者がランディングページを閲覧しているときに、文章を一つ一つ細かく読んでいないケースも想定できるため、見出しと画像データだけで訴えかけたいことや、雰囲気が伝わるように作成する必要があります。求職者を募集するランディングページを作成する方法として、採用において重要な役割を果たす社員という人物の画像データにこだわり、プロのカメラマンによる撮影をしてもらったり、最初に目に触れるファーストビューで大きなサイズの画像データを背景に表示することにより臨場感が伝わりその先に掲載されているセールスコピーを読み進めてもらうというような構成にしたりする手法を用いるのも良い方法の1つとなります。他にもその会社でヒットした商品や、サービスが登場した背景や、その商品や、サービスに込められた気持ちに焦点を当ててストーリーを展開していく手法を用いるのも良い方法の1つとなります。このような構造に仕上げることによって、印象を強く残すことができるようになり、他の社員のエピソードも読み進めたくなるということを意識して作成するのも、おすすめできる方法となります。

求められている人材のターゲット層に訴えかけ、自分の会社で働くことの魅力を伝えることができるランディングページの開発という市場は人材の獲得競争が進んでいく時代においては、ますます普及していくことが予想されます。