ホームページやブログを保有し、商品を掲載することによって、オンラインでもビジネスができます。オンラインでビジネスをする際には、様々な集客法やマーケティング法から、最適なものを選ぶ必要があります。話題になっていて、高い効果を発揮しているものでも、自社の商品やサービスに、合うとは限りません。しかし、どのような商品やサービスをオンラインで販売する際にも、ランディングページは重要になります。ランディングページでは、閲覧者に商品の魅力を伝え、購入してもらうための要素が盛り込まれています。ランディングページで重要になるのは、セールスコピーやキャッチコピーなどの文章です。特に、キャッチコピーは大事なもので、キャッチコピーを変えるだけで、販売量が大きく変化するときもあります。キャッチコピーは、ページの冒頭に来ることが多いですが、末尾に位置する、クロージングの文章も、効果的な販売には大切です。

ランディングページでは、文章の最期がクロージングと呼ばれます。冒頭の部分で顧客に読むことを決定させ、文中で商品を買うことで、顧客の悩みが解決し、目標を達成できることを納得してもらいます。そして、クロージングで、スムーズな商品購入に運ばせます。キャッチコピーやセールスコピーが良くても、クロージングが適切でなければ、商品が買われることが少なくなります。また、クロージングに、商品をお勧めしない顧客層を書いておくことによって、クレームが来そうな客層を、あらかじめ排除することも可能になります。具体的にクロージングでは、オファーの提示、商品のベネフィット、期間限定割引、他社商品との比較などが行われます。

ランディングページでは、様々な要素が絡み合い、1つの道具として成り立っています。そのため、全体的な構成が良くても、特定の部分が適切でない場合、売上が減少することもあります。また、最近では、スマートフォンでインターネットを閲覧されることが、非常に多くなっています。現状では、パソコンでインターネットを閲覧している人の方が、少数派です。しかし、ランディングページを作る業務が行われるのは、ほとんどがパソコン上です。そのため、ランディングページを制作するときには、常にスマホでの表示を、確認する必要があります。特に、スマホで見た時のランディングページのサイズは重要です。パソコンでは適切なサイズでも、スマホで表示したときに、長すぎることがあるので注意が必要です。