ランディングページは、閲覧者に商品の購入をしてもらうために作られるホームページです。普通のホームページとは少し異なり、ダイレクトな結果を期待して作られます。つまり、見た人がその場で商品の購入や問い合わせをすることを目的として作られるサイトです。一般的なサイトは、ページをクリックすると下層ページに飛んで、情報を分散させていますが、webマーケティングで用いられるランディングページの基本構成は、一枚で情報を伝えます。そのため、縦長になっているサイトが多いです。上から順番に読んでいき、最後に問い合わせや申し込み先の記載がなされていたり、注文ができるページに飛んだりするようになっています。下層ページがある場合であれば、別のページに書いてある情報がなければ意味が分からないといった状態が生じてしまいますが、一枚ならだれが飛んでもそれについてみていけばすべてのことがわかるため、ダイレクトなアクションを期待することができるわけです。
ランディングページの基本構成はこのようになっていますが、単に一枚の情報にまとめられていればよいというわけでもありません。読み手が最後まで読んでくれる工夫が必要ですし、読んでもらえても実際に購入や問い合わせをしようと思える中身でなければなりません。そのため、適宜図を用いたりフォントを変えて見やすくしたりして、読み手がストレスなく情報を理解できるような配慮をする必要があります。これは、サイト作成者の腕の見せ所となります。また、文章の作り方も、導入文で閲覧者の気を引き、具体的な中身に入っていく、というのが好まれます。そして、単に良いところを紹介するのではなく、証拠を挙げることも重要です。単に良いということだけを言われてもなぜかという疑問が深まってしまいますが、科学的データや実体験などの情報を提示することで、なりほどと納得してもらうことができます。
効果的なランディングページを製作するためには、ノウハウの蓄積が不可欠です。これは、短時間で生まれる物ではありません。実際に制作をして、それが売り上げにどの程度つながっているのかを分析していき、結果をフィードバックしながら少しずつ改善をしていくことでノウハウはできてきます。ただ、ランディングページ制作をしている会社であれば、こういったノウハウは持っているので、外注でコストはかかりますが、任せることで短期間で効果のあるランディングページを運用することはできます。