インターネットは、私たちの生活になくてはならないものになりましたが、それに伴って、物販だけでなく様々なサービスがネット上で購入、予約などができるようになりました。英会話教室や学習塾といった教育関連もネットで利用ができるようになったサービスの一つですが、単にホームページを開設しただけで、集客できるものではありません。というのも、ホームページでは会社概要であったり、サービス内容やこれまでの実績を広く周知するためのものですから、見込み客に対するセールスという部分では弱いと言わざるを得ません。そこで、SP対応を考慮したランディングページを作成する必要があるのです。

さて、教育関連のサービスといえば、リアルビジネスである英会話教室や学習塾や通信講座が思い浮かびますが、最近ではネットを利用したオンライン教室も普及しており、それぞれにランディングページの構成は異なります。実際に学校に通うことを目的としたサービスであれば、まずは、訪問してもらうことが目的となりますから、学習の大切さや学習方針を冒頭にして、これまでの実績やコースの内容等を説明し、お試しレッスンを受講することを促すといった内容になります。訪問して、成約してもらわないと成果が出ませんから、非常にハードルは高くなりますが、「多くの仲間と学習することで、確実に実力がついてくる」といった強みをセールスプロモーションの軸としてランディングページを構築します。

一方、通信講座やオンライン教室の場合、ネット上で成約することができますから、訪問して成約してもらうことよりはハードルは下がりますが、「通信講座やオンライン教室で学力レベルは向上するのか」といった不安を解消することを考慮しながら、「いつでも空いた時間に学習できる」「オンラインであれば、自宅に居ながら気軽に質問できる」といった利便性をセールスプロモーションの軸としてランディングページを構築します。また、コスト面においても、大きな強みがありますから、十分にアピールは可能です。併せて、オンライン教室の場合であれば、実際の講義の内容をダイジェストした動画を作成して、ランディングページに貼り付けておくと、講義の内容が具体的にイメージしやすいので、劇的に反応率は向上します。いずれにせよ、ランディングページを訪問する人々は学習意識の高い ので、信頼さえ勝ち取れば成約に結びつく可能性が高いので、属性に合わせたランディングページを構築することが重要であるのは、言うまでもありません。