ランディングページは、自分の会社の商品や、サービスの売上を伸ばすために、優れたキャッチコピーを考案し、優れた質の商品や、サービスを提供するだけでなく、クールで素敵な画像を作成することが必要になります。綺麗な画像を掲載したいに、適した画像データが手元にない場合はインターネットの環境の中には画像データを豊富にストックしているエージェントがたくさんあり、そのエージェントから購入することができます。しかし、ランディングページを作成する費用をもっと安く抑えたい場合は、ランディングページに使用するのに適している無料の画像データをたくさん提供しているサイトも存在するので、そういったサイトから画像データを探すという方法もあります。

自分の会社の商品や、サービスのランディングページに適している画像を探すことができたら、今度は、その画像データを最適化する必要があります。画像データの加工を施すことができるソフトウェアはたくさんあります。本格的に画像データの加工を施したい場合は、画像データを加工編集する有料のソフトウェアを購入してインストールするのも良い方法の1つですが、簡単に済ませたいのであれば、無料で画像データを提供しているサイトが、一緒に提供している画像エディターという機能を利用するだけで充分であることが少なくありません。サイズを変更したり、好きだ部分だけを切り抜くなどといった、簡単な加工であれば対応していることがほとんどとなります。無料で提供されている画像データに画像エディターで色の温度とフォーカスを変更する編集を施すことによってクールな印象のエフェクトがかかり、背景画像をより一層クールで素敵な印象に仕上げることができるようになります。

ランディングページに画像データを掲載するのにあたって、画像データのデータ容量がランディングページの効果に大きく影響を与えることになります。画像データのデータ容量が大きいと、ランディングページをブラウザが読み込むスピードが大幅に遅くなってしまいます。読み込むスピードが遅くなれば遅くなるほど、ニーズが高い見込み客が肝心の商品や、サービスのことを知る前に離脱してしまう可能性が高くなってしまいます。無料のツールを使って、特定のランディングページに含まれている全て画像データを読み込むスピードを確認することが可能となっています。新たな画像データを追加するときには、このようなツールを使って表示されるスピードをチェックしておく必要があります。