自分の会社の商品や、サービスの売上を伸ばすのに効果があるからといっても、単にランディングページを開設すれば良いという訳ではないため注意する必要があります。衝動買いができるほど値段が安い商品やサービスと、値段が高い商品やサービスでは、利用する人の商品やサービスについての考え方や検討するのに必要な期間が大幅に違ってきます。単価が安い商品やサービスなら、商品やサービスがすぐ購入できるランディングページの構成にするのが有効ですが、単価が高い商品やサービスの場合は、購入することを検討するのに時間がかかることが想定できるので、ランディングページに掲載されている情報だけでは閲覧している人が不安になり、売上の向上につながりにくくなってしまいます。ランディングページを作るときには、自分の会社の商品や、サービスが持つ特徴や、購入してもらうまでのシナリオを充分に考えることが大切となります。

ランディングページ最適化ツールを活用すると、流入するきっかけとなった広告や、検索されたキーワードから閲覧する人のニーズを把握して、そのニーズに応えられるということをランディングページで訴えかけることによって直帰する確率を減らし、売上を伸ばす効果を得ることが期待できます。そして、検索したキーワードに加えて閲覧している環境や、行動の履歴、地域など、閲覧している人それぞれの流入してきた状況を色々な方向から検討して、適切なコンテンツを表示させることによって、さらに効果が高めることが期待できます。

ランディングページを最適化することによって、訴えかけたい内容や、キャッチコピーを見込み客の属性や、予想される行動から最も適している形にすることが可能となりますが、中でもECサイトでは、WEB接客ツールを利用すると、利用者に応じてクーポンを個別に発行したり、キャンペーンを打ち出したりすることができます。初めてサイトに訪問した方だけにクーポンを発行したり、流入してきたサイトや、広告に応じて違うクーポンを発行させたりすることができます。そして、年代や、性別に応じて、それぞれ異なるおすすめ商品を表示させたり、コンテンツを表示している位置に応じて特定のメッセージを表示させたり、カートに入っている商品の値段に応じて、後いくら購入すれば送料が無料になるかを案内したりと、お客様それぞれの行動に応じてリアルタイムに対応することによって、ランデングページから離脱することを防いで、商品やサービスの売上を伸ばすことが期待できます。