ランディングページを作成するための企画書を作るためには基本的な項目を決めておくことが必要となります。基本的な項目の1つがキャッチコピーになります。キャッチコピーはランディングページの最初に掲載される重要な文章になります。自分の会社の商品やサービスに対するニーズが高い見込み客が、抱えている問題や悩みを解決できるこということを、はっきりと訴えかけることが重要になります。

もう1つの基本的な項目はユーザー共感となり、ランディングページにアクセスした人が、自分も同じだと共感することができるような、問題点や、悩みごとを示して、この商品やサービスが、自分には必要なんだと認識をしてもらうために重要となる項目になります。そして、この商品やサービスは、いくらで利用できるのかを分かりやすく表記する必要があります。ベネフィットというのも重要な項目で、閲覧している人が、この商品やサービスを利用することにより、どんなメリットを受けることができるのかを説得力がある形で伝える必要があります。単なる販売元としての商品説明でなく、閲覧している人の立場に立って考案したベネフィットを盛り込む必要があります。もうすでに対象となる商品やサービスを利用しているお客様のレビューは、閲覧している人に安心感を与えるために重要な項目になります。そして、テレビや、SNS、雑誌などで紹介されたというメディア情報も掲載できれば、より良い企画書となります。競合他社の商品やサービスとの差別化するポイントも重要な項目となります。どこが他の商品やサービスと違うところなのかや、この商品やサービスを、あえて選ぶ必要がある理由などを盛り込んでいきます。

ランディングページを作成する企画書を、上司や同僚が納得できる内容に仕上げるには、まず現状を分析し把握することが必要となります。ランディングページを最適化するために、まず対象となるランディングページのアクセスを解析した基本的なデータを分析することからスタートさせる必要があります。新たなランディングページを立ち上げる場合は、なかなか困難な作業にはなりますが、競合他社のランディングページの基本データを推測するなど、参考にできる数値データをできる限り収集しておくことは実際に作成するときの段階で役に立つことになります。アクセス件数や、離脱する確率、直帰する確率、成約に結びつく確率など、様々な要素の現状の情報を把握しておく必要があります。