オンラインビジネスでは、主に一般消費者向けに、商品やサービスが販売されています。インターネットでは、個人の情報を引き出し、各ターゲットに向けたマーケティングがしやすいので、一般消費者に向けた販売が、頻繁になされています。また、オンラインだけでのやり取りでは、関係が希薄になりやすいので、長期的な取引が成り立ちにくい傾向があります。しかし、企業向けの販売やマーケティングでも、最近ではインターネットが使用され、高い効果を発揮しています。企業向けのオンライン販売でも、一般消費者に向けたものと同じように、ランディングページが使用されています。また、企業に向けた販売では、業務の効率を良くする、人材教育やアルバイト派遣、パソコン作業の外注が、特に行われています。

ランディングページを使ったマーケティングでは、ページ内だけで、商品の魅力や機能を、効果的に顧客に伝える必要があります。特に、企業向けのランディングページでは、データや数字を多く盛り込ませ、業務が効率化すること、強調することが重要です。多くの企業では、人材育成や単純作業、最新テクノロジーを使ったビジネス手法習得に、手が回っていません。その、手が回っていないところを、商品やサービスを購入することで、解決できることを強調することで、大きな販売を達成できます。業務用の販売では、単価が高くなりやすいので、大きな利益を獲得することが簡単です。また、一般顧客向けの商品のように、大量に売る必要がないので、ターゲットを絞りやすいという利点もあります。

しかし、業務用の販売をする際には、ランディングページに気をつける必要があります。一般消費者向けの商品だと、ターゲット層に合わせて、ページを派手にしたり、人気がある芸能人を起用することで、売上が増加します。しかし、業務用の商品やサービスを販売する場合、芸能人の起用などは、逆効果になることもあります。企業に向けたランディングページを作るときは、LPデザインをシンプルにし、数値やデータを分かりやすく導入することが、とても大切です。ランディングページが、派手すぎると、業務用としては避けられることが多いです。また、文字のフォントや色合いを、分かりやすくしておくことは重要です。しかし、遊びの要素が多すぎると、まじめに受け取ってもらえない可能性が、高くなります。業務用と一般消費者用では、ランディングページの外観を、変えることが推奨されます。