通販などのサイトにおいて、より多くの収益を生み出すためには集客と成約率が必要です。集客は単にアクセス数を増やすだけでは不十分なものとなり、コンテンツマーケティングが必要になります。つまりサイトで提供している商品やサービスを必要とする、潜在需要を集めることが大切というわけです。サイトでは訪問者が訪れる開始ページから、購入などを誘うランディングページまでのコンテンツをどのように構築するかが重要なポイントになります。まずサイトを訪れる訪問者は、何かしらの情報を求めていることは分かります。けれども決して何かを購入したり、あるいはサービスを利用してみようといった意識は無いのが普通です。何かしらの課題や問題を抱えていて、その解決のヒントを探しているけれども、具体的に何をすれば良いのかは分かっていないということです。

そこで開始ページから、まず最初に疑問に思うことを解決できるようなコンテンツを提供するようにします。求める情報は訪問者によって異なるので、同じコンテンツページで誰もが納得するわけではありません。そこでリンクを張って、求める情報があるページへと移動できるようにします。ここで大切なことがコンテンツマーケティングです。ターゲット層をある程度限定しておいて、コンテンツを無闇に増やさないようにするのがポイントです。あまりにコンテンツページが煩雑に散乱していると、互いにリンクを張るのに苦労することになります。情報を求める訪問者も、なかなか思うように目指すページにたどり着かず、やがてサイトから離脱することにもなりかねません。そこでターゲット層を明確にして、求められるコンテンツを絞り込んで用意することが必要になります。

またランディングページも、あらゆるルートを辿った後に行き着くことになるので、その選択肢が増えると多くのランディングページを作らなければなりません。その数は極力絞り込んでおくことが大切です。さらにランディングページを作る時のテンプレも用意しておくと便利です。ある程度の成約率が期待できるものを用意しておくことで、ページが増えた時にも簡単に対応できるからです。サイトは常に検証を行い、収益率が高まるように再構築を繰り返すことになります。そのためにテンプレがあれば、ランディングページを増やす時にもすぐに対応できるようになるわけです。またサイトの訪問者の滞在時間も計測して、平均でどの程度の時間であれば購入につながりやすいのかを把握することも大切です。あまりに短いと、訪問者は十分に情報を得られないままにランディングページへとたどり着いてしまうことになります。これでは、商品の購入などの選択肢を迫られても決断することはできません。かといって、あまりに滞在時間が長過ぎてしまっても、ランディングページへ着く前にサイトから離脱してしまいます。

そこでサイトの検証を行う際には、開始ページからランディングページへ至る過程でどのようなルートを辿るのかをチェックする必要があります。これは訪問者がどんなことに興味を持つのか、どのような情報を求めているのかを推測することにもつながります。それをSEO対策を行う際の参考にすることで、キーワードの選定にも役立てることができます。またコンテンツの作成においても、ページごとにテーマを変えて用意することができるので、サイトの検索順位を上げるための評価も高まるようになります。その結果、より理想的なターゲット層を集客できるようになるので、成約率も高まるというわけです。このようにコンテンツの流れを工夫することで、収益率を向上させることが可能となります。また継続的にサイトの検証を続けることによって、訪問者が求めるものや不満に思うことなどを推測できるようにもなります。

ランディングページでの成約率を高めるためには、その前のコンテンツでいかに満足度を高めるかがポイントになります。その流れとしては、まずそれぞれが抱える課題などを解決するための様々な情報を提供します。これを充実させることによって、サイトの評価は高まります。つまり信頼されることによって、サイト内に長く留まるようになるわけです。その上で問題解決のために、サイトで用意している商品やサービスが役に立つことをアピールすることになります。この時点で訪問者は、そのような情報を素直に理解してもらえるようになります。そのためにリンクを素直にたどり、やがてランディングページへとたどり着くというわけです。この時点では商品やサービスに関するあらゆる情報を提示しています。メリットとデメリットの両方を開示して、その上でどれほど役に立つのかをアピールしているというわけです。あとは訪問者が購入するか否かの判断を下すのみとなるので、何かしらの結果が得られるというわけです。この流れさえしっかりと押さえておせば、成約率は大きく向上することが期待できます。